お中元の時期に絶対やってはいけないタブー&マナー常識
*
ホーム > お中元を贈る時期とタイミング > 贈るタイミングでお中元の表書きは違います

贈るタイミングでお中元の表書きは違います

いざ贈ることになると相手に失礼のないようにと思って、いろいろ気になることがあるという人もいるんじゃないでしょうか。


たとえば表書きがそうなんですけど、これは「御中元」とするのが好ましくない場合もあるんです。


これはいつお中元を贈るのかっていうタイミングによって


「御中元」


の表書きにするのは良くないっていうことになるんですけど、表書きには「御中元」のほかにも


「暑中御伺」や「残暑御伺」


というのもあるんです。


これは知らなかったっていう人も意外と多いんじゃないでしょうか。


贈るタイミングによってこれらの表書きを使い分けるっていうのが正解なんですけど、


一番有名な「御中元」をチョイスできるのは7月中旬くらいまでなんですね。


そのあと立秋くらいまでのあいだは「御中元」ではなく


「暑中御伺」


とするのが適していて、さらにそのあとは


「残暑御伺」


をチョイスするのが好ましいでしょう。


あと、これは注意しないといけないことなんですけど、地域によってはこの常識が通用しないこともあるんです。


関西の場合はそうなんですけど、


お中元の表書きに「御中元」を使用できるのは8月15日まで、


あとは


「残暑御伺」


の表書きを使用するのが一般的になっていますから、間違えないように注意したいところですね。

≫贈るなら知っておきたい!今話題のショップ集

関連記事

お中元を贈るのが遅くなった場合どうすればいい?
忙しく過ごしているうちに、ついうっかりなど、人によって理由は異なるでしょうけど、...
お中元を贈るタイミングと届け方を紹介!
なんとなく夏にお中元を贈るっていうのはわかっていても、具体的にどのタイミングで届...
贈るタイミングでお中元の表書きは違います
いざ贈ることになると相手に失礼のないようにと思って、いろいろ気になることがあると...