お中元の時期に絶対やってはいけないタブー&マナー常識
*
ホーム > お中元を贈る時期とタイミング > お中元を贈るのが遅くなった場合どうすればいい?

お中元を贈るのが遅くなった場合どうすればいい?

忙しく過ごしているうちに、ついうっかりなど、人によって理由は異なるでしょうけど、お中元を贈ることができなかったということもあるんじゃないでしょうか。


お中元には贈るタイミングがあるんですけど、このときにしか贈ることができないのでしょうか?


こういう疑問を持ってる人は多いんですけど、少しくらい遅れても全く問題ないんですよね。


ただ、表書きが「御中元」のままだと好ましくないですから、これは変える必要があるんです。


あと、関東と関西で贈るのに適したタイミングは違うんですけど、まず関東の場合は7月の15日までに贈るといいんですね。


でも、この日までに贈ることができなかったら、表書きを「暑中御伺」にして贈るといいですよ。


ちなみにこれは立秋までなんですけど、このタイミングも逃してしまったということでしたら、8月末までに表書きを「残暑御伺」として贈るといいですね。


関西の場合は8月15日までに贈るといいんですけど、このときまでに相手に品物を届けることができなかった場合には、8月末までに「残暑御伺」と表書きを変えて贈ると大丈夫なんですね。


以上のように、もしお中元の品物を贈る時期を逃してしまったという場合でも、表書きを変更することによって届ければセーフですから安心しましょう。

≫贈るなら知っておきたい!今話題のショップ集

関連記事

お中元を贈るのが遅くなった場合どうすればいい?
忙しく過ごしているうちに、ついうっかりなど、人によって理由は異なるでしょうけど、...
お中元を贈るタイミングと届け方を紹介!
なんとなく夏にお中元を贈るっていうのはわかっていても、具体的にどのタイミングで届...
贈るタイミングでお中元の表書きは違います
いざ贈ることになると相手に失礼のないようにと思って、いろいろ気になることがあると...