お中元の時期に絶対やってはいけないタブー&マナー常識
*
ホーム > お中元選びに役立つマナー集 > お中元を直接渡すときにいってはいけないこと

お中元を直接渡すときにいってはいけないこと

お中元の品物をお世話になった人に対して贈る場合、ついついたくさんの人が使ってしまう言葉があるんです。


もう予想はついているっていう人もいるかもしれないですけど、贈るときに「つまらないものですが」を使用する人は多いんですよね。


別にこれ、気にしない人は気にしないんですけど、悪くいうとチョット面倒臭い人だとつまらないものなら要らないっていう風になるんです。


失礼な人だと不快に感じられたり、そこまでへりくだらなくてもいいのにと感じられたりすることがあります。


誰がそのような気持ちになるのかわかりませんから、できればこういうことを思われるリスクのない言葉をチョイスしたいところですよね。


意外と使える言葉は多いんでチョット紹介します。


たとえば食べ物をお中元の品物として贈る場合には「お口に合うかどうかわからないですが」なんかがいいですね。


食べ物以外のものなら「心ばかりですが」とか「お気に召すと嬉しいのですが」という言葉を使用すると「つまらないものですが」よりいいでしょうね。


「つまらないものですが」という言葉の意味自体は決して悪くないのですが、人の言葉の捉え方というのはいろいろなんです。


必ずしも先述したような言葉に置き換える必要はないので、お中元の品物を贈るときには自分なりに感謝の気持ちが伝わる言葉を探してみるのもいいかもしれないですね。

≫贈るなら知っておきたい!今話題のショップ集

関連記事

子供がいる家庭にお中元の品物を贈るときに気を付けること
お中元の品物を贈るときには、お世話になった本人だけではなく、相手の家族にまで気遣...
お中元を直接渡すときの紙袋はどうする?
お中元の品物を相手のところに直接持って行く場合、何かに入れて行く人は多いですよね...
お中元を直接渡すときにいってはいけないこと
お中元の品物をお世話になった人に対して贈る場合、ついついたくさんの人が使ってしま...
今回だけお中元を贈りたい場合はどうすればいい?
お中元っていうのは誰かに一度でも贈ったら、あとは毎年のように贈るのが一般的になっ...
お中元のやり取りができない人はいる?
お中元で一番注意しないといけないのは、やり取りできない人がいるっていうことなんで...
会社の場合のお中元はどうなる?
取引先から勤務先にお中元の品物が届いた場合、どういう対応の仕方をすればいいのか気...
お中元ののしが要らない場合があるって本当?
お中元の品物というと箱にのしが付いているのをイメージする人が多いでしょうけど、実...
お中元を贈った・貰った場合の情報管理
お中元の品物を贈ったり貰ったりした場合の情報管理をしておくと何かと便利ですよ。 ...
お中元は何件に贈ればいい?
「お中元のギフトは何件に贈ればいいの?」 「何か贈る件数でルールはあるの?」 と...
お中元のお礼をメールでしてはいけない?
今は主な連絡手段としてメールを使用する人が多いんですけど、あまりにもなんでもかん...
インターネットでお中元を贈るときの注意点
「お中元の贈り物を買いに行きたいけど、買いに行く時間がない!」っていう人はけっこ...
届いたお中元が破損していた!こんなときはどうする?
これは意外とよくあるトラブルなんですけど、お中元の品物が届いたときに破損している...
お中元を贈る相手が喪中のときは避けたほうがいい?
お中元を贈る相手が喪中の場合、果たしてお中元の品物を贈っていいのかどうか判断しか...
お中元のお礼状を書くときのポイントは何?
お中元を受け取ったらまず、贈ってくれた相手にお礼の連絡を入れるのがマナーですが、...
お中元を受け取りたくない場合の対処方法は?
お中元を受け取りたくない場合にどうするかで困るっていう人もいるでしょうね。 たと...